【故人に失礼のないように】葬儀のマナーを知る!
ロゴ

葬儀マナーは大人としてのマナー!基本を学ぼう

大人として大事なマナー

マナーは、結婚式や食事会などの特別な瞬間には必ずあるとされています。葬儀にもマナーがあり、知らないということはとても恥ずかしいことです。大人の基本「葬儀のマナー」について勉強していきましょう。

葬儀マナーを知っておく!

服装・持ち物

色は男女関係無く、ブラックとされています。男性はスーツ、女性はスカートにしましょう。またアクセサリーなどは控えてください。女性なら赤など派手なマニキュアと濃いメイクはNGです。マニキュアは透明かベージュなら問題ないでしょう。

香典

香典を渡すときは、お悔やみの言葉をかけてください。香典の金額としては、友人や近所関係なら5千円、職場関係なら5千円から1万円、親族なら叔父叔母、祖父母は1万から3万円、兄弟姉妹なら3万円から5万となっています。

【お子様の居る家庭】子供に対するマナー

大人の服装と同じく白シャツに黒のスカートかパンツです。式場では騒がないようにしてください。また制服がある場合は制服着用で良いです。

【故人に失礼のないように】葬儀のマナーを知る!

葬式

訃報が届いたら・・・

訃報はとても悲しいです。届いた時の対応は故人との関係でも変わります。親しい友人や親族の場合はすぐに弔問へ駆けつけてください。必ず玄関先でお悔やみの言葉を遺族に述べて、深くお辞儀をしましょう。お手伝いを申し出ること伝え、必要かどうか確認することを忘れないでください。

当たり前の参列マナー

当たり前ですが、遅刻はだめです。早めに着くことが大事です。葬儀や告別式の最中は黙礼するのみにしてください。遺族にお悔やみの言葉をかけるときは小さく控えめな声で「この度はご愁傷様でございます」と伝えましょう。言い方は色々ありますが、お悔やみの言葉をいうときに迷う方が多いので、一つだけにする方も多いです。

葬儀以外のマナーについて

ココで言いたいのが通夜ふるまいのときです。食事やお酒がでることが多いため、飲みすぎてベロベロになると大迷惑です。酔っ払って迷惑をかけないように必ず飲みすぎない、もしくは飲まないようにしましょう。奈良で葬儀に参加する際は気をつけてください。

大人の基礎である葬儀マナーは前もって勉強が大事

訃報は突然きます。急なことなのでマナーでアタフタする方も少なくないでしょう。なので必ず、前もって葬儀マナーを知っておくことが大切ですよ。

広告募集中